キャンピングカーの保管場所

キャンピングカーは大きな車両ですので、どこでも停められるわけではありません。自宅の敷地が広ければ問題ないことではありますが、大きな車両を停められるほど土地面積が広い家庭は限られるものです。マイカーを購入する場合、車庫証明が必要になってきます。車庫証明は、保管場所を確保した際に認められるものです。自宅に駐車場を整備できれば問題ありませんが、駐車スペースを確保できない場合、駐車場を借りる必要があります。駐車場を借りる場合、日本国内ならばどこでも良いというわけではありません。自宅から2キロメートル以内と定められています。普通車の大きさであれば、比較的容易に駐車場を確保できるものでありますが、キャンピングカーの大きさになると駐車場の確保が難しくなります。住宅街の狭い道路を大きな車両が走行することは困難でもあり、危険でもあります。

そこで、キャンピングカーを所有する人のための、専用駐車場があります。しかしながら、専用の駐車場は至る場所に整備されているわけではありません。こうなると車庫証明の問題にもつながりかねません。ところが、専用のモータープールを利用することで、自宅から2キロメートル以上離れた場所であっても車庫証明を認めてもらえるのです。これは車庫法の特例措置として認められていることです。全長が5.7メートル以上、全幅が1.9メートル以上のキャンピングカーが特例措置の対象になっています。キャンピングカーに興味をもっている人がいても、駐車場の確保が出来ないと諦めていた人もいます。このような人にとっては、モータープールを利用することで、夢を実現させることができるのです。自動車という乗り物は、定期的に走行させることで品質を保つことができます。普通車はレジャーだけでなく、日常の買い物などでも利用するものですから問題はありません。普通車とは異なり、キャンピングカーは、走行する回数が限られてきます。このために、メンテナンスが大切になってきます。久しぶりに動かそうとしたものの、車両の状態が良くなければ、せっかくのレジャーが台無しになりかねません。

これを防ぐために、モータープールによっては、メンテナンスが出来る整備工場を併設していることがあります。このようなサポートを受けることで、レジャーを楽しむことが出来るのです。キャンピングカーの情報だけでなく、保管する場所の情報を収集しておくことで、夢を現実にできるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*